サイトへ戻る

時間外労働等改善助成金

4.団体推進コース

中小企業における労働時間の設定の改善の促進を目的とした助成金

■時間外労働等改善助成金とは
2019年4月から施行された『働き方改革』において、「長時間労働の是正」、「正規・非正規の不合理な処遇差の解消」、「多様な働き方の実現」という3つが柱となり、労働基準法等の法改正や、制度の創設がおこなわれおります。
時間外労働等改善助成金の制度はその1つであり、中小企業に対する時間外労働の上限規制等をおこなう一方で、中小企業における労働時間の設定の改善を促進することを目的としています。

■『働き方改革』の背景には
「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

■時間外労働等改善助成金の中身について
令和2年度の制度内容は以下の5つのコースに分かれています。

このページでは4.『団体推進コース』を説明しております。

  1. 時間外労働上限設定コース
  2. 勤務間インターバル導入コース
  3. 職場意識改善コース
  4. 団体推進コース
  5. テレワークコース

時間外労働等改善助成金

4.団体推進コース

このページでは⒋『団体推進化コース』を説明しております。

■助成額(支給額)

・上限額は原則500万円
・構成事業主が10社以上の団体の場合、上限額1,000万円

【支給対象】

(1)対象経費の合計額

(2)総事業費から収入額を控除した額

【成果目標】

事業主団体が労働環境改善(時間外労働の削減又は賃金引上げに向けた)事業の取り組みを行い、半数以上の構成事業主がその取組(支給対象となる取組内容)を活用する

【対象となる具体的な取組】いずれか1つ以上

1市場調査の事業

2新ビジネスモデル開発、実験の事業

3材料費、水光熱費、在庫等の費用の低減実験(労働費用を除く)の事業

4下請取引適正化への理解促進等、労働時間等の設定の改善に向けた取引先等との調整の事業

5販路の拡大等の実現を図るための展示会開催及び出展の事業

6好事例の収集、普及啓発の事業

7セミナーの開催等の事業

8巡回指導、相談窓口設置等の事業

9構成事業主が共同で利用する労働能率の増進に資する設備・機器の導入・更新の事業

10人材確保に向けた取組の事業

この助成金の解説

団体推進コースは中小企業団体や事業主団体を対象として、事業主が時間外労働の削減や賃上げなど、労働環境の改善についての取り組みをおこなった場合に助成を受けられる制度です。

名前の通り、事業主単体ではなく、労働条件を改善しようとする団体を支援します

対象となる事業主

3事業主以上で構成される事業主団体や共同事業主

次のいずれかに該当する事業主団体等

(事業協同組合、事業協同小組合、信用協同組合、協同組合連合会、企業組合、協業組合、商工組合、商工組合連合会、都道府県中小企業団体中央会、全国中小企業団体中央会、商店街振興組合、商店街振興組合連合会、商工会議所、商工会、一般社団法人及び一般財団法人)

※中小企業事業主の占める割合が、構成事業主全体の2分の1以上である必要があります。

まとめ

中小企業主団体の支援だけではなく、広く業界の活性化を目的としています。

団体単位で労働環境の改善がされることで、業界全体に広まりやすくなり、良い影響を与えることに繋がるのではないでしょうか。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK